年齢関係なく仕事を獲得するならフリーランス

プログラマーへの転職を考える場合、年齢が気になる要素となりやすい。若い間でなければできない仕事というイメージもあり、年齢を重ねてからの転職では無謀と捉えられるかもしれない。しかし実際には本人のやる気さえあればどうにかなるところがあり、後でやっておけばと後悔するよりはチャレンジしてみる方がいいだろう。

ただし、40歳以上でプログラマーの就職先を探すとなると、求人の選択肢は狭まってくる可能性がある。一般的に若いエンジニアを求めるIT企業は多く、年配のIT技術者は過去の豊富な仕事経験やあるいは専門的で特別なプログラミングの技能が求められる傾向にある。
そこで、プログラミングの仕事に転職する場合には、フリーランスでチャレンジするという方法がある。フリーランスであれば仕事を始めるのに年齢制限はない。営業能力次第では、年齢に関わらずできる仕事の案件がいくらでも見つけられるだろう。
プログラミングの仕事は、必ずしも組織に属さなければできないというものではない。単独でフリーランスとして活躍しているIT技術者は業界にも多く、中には年配の技術者も見られる。
また、フリーランスには定年がないため、長くIT業界で働くことができるメリットもある。ただし年齢を重ねてからだと体力的に厳しい部分もあり、フリーランスは特に体が資本であるため、健康管理は万全に行う必要がある。仕事のペース配分を考えて、無理のない範囲でプログラマーの仕事の案件を選ぶよう心掛けることが長く働き続けるためのコツである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です